車 高く売る

Just another WordPress site

*

車を個人で売る方法

   

車の売り方にはいろいろな方法がありますが、一円でも高く売るためには個人で売る方法がおすすめだと言われており、これは中間マージンが発生しないことが理由になっています。

個人で売却をする方法としてインターネットオークションを利用した方法がありますが、この方法はオークションサイトに登録をして自分で出品する金額を設定するという方法になります。

買い取り業者に対して売却をする場合だと買い取る業者がマージンとして一定の手数料を持っていきますが、例えば50万円で買い取りをしてもらったとしてもその車が再び中古車市場に出回るようになると70万円くらいで販売されているのが普通で20万円がここで言うマージンになります。

買う側にとっては70万円が相場としてみるのでこれよりも安い金額で買うことができればそちらを優先して購入したいと思うのが普通ですが、例えばオークションサイトを利用して60万円で出品した場合に買う側は10万円の得をして、なおかつ売る側も10万円のプラスになるので得になります。

買う側にとっても売る側にとってもメリットが高い取引方法になるのですが、それでもこの方法を用いて取引をする人よりも実際は業者などに依頼して取引をする人が多くなっています。

その理由になってくるのが車を高く売ることができる一方でリスクが高いという点で、名義変更などのトラブルや売買が成立した後に金銭トラブルになるようなことも少なくないためです。

最近は仲介人として入って取引を進めてもらえるサービスも展開されていますが、このようなサービスが充実してきたとしても結局のところは仲介人に対して一定のマージンを支払う必要が出てくるのでメリットはそこまで大きく感じないと思います。

また、個人で取引をする場合に相手も取引において初心者の場合はトラブルが起こりやすくなる特徴もあるので注意しなければなりませんが、初心者同士になる場合は仲介人に依頼するのが基本となってきます。

車を高く売るためには市場相場を把握することなども必要であるといわれていますが、相場を知ることによってどれくらいの金額で売ることができるかということなどを想定するとよいかもしれません。

オークションサイトを利用した方法に限らず譲渡サイトなどを活用した取引の方法もあるので自分にあった方法で最終的には進めていくとよいですが、事前にしっかり情報だけはつかんでおくようにすることも取引の上で大切なことです。

 - 車を売るコツ