車 高く売る

Just another WordPress site

*

下取りで出す場合の注意点

      2016/05/19

車を高く売るためには乗っている車にどれくらいの価値があるかということを事前に調べておくことが肝要ですが、市場相場を知らないことにはどれくらいの金額で売ることがスタンダードなのかということも知ることができません。

車を高く売るために一括査定サイトを利用する方法がありますが、これによって複数の業者を比較することが可能になるのでそれぞれが提示する金額の中からもっとも高値提示にしているところと取引をすることによって高く売ることができるようになります。

同じ車でも買い取りをする業者によって車の価値の基準は異なっているので注意が必要ですが、Aという車買い取り業者では査定額が30万円になっているのにBという会社になると査定額が50万円になるようなことも珍しくありません

そういった意味でも一括査定を利用することのメリットは高いと言えるのですが、一括査定したとしても最終的には現車査定を受ける必要があり、それによって売ることができる金額は下がる可能性もあるということを考えると必ずしもメリットだけとは言えないところもあります。

また、新しい車を購入することを目的としていて車を売却しようと検討している場合は下取りに出すという選択肢もありますが、下取りに出すとあまり車を高く売ることができなくなるという先入観からあまり選ばれないこともあります。

確かに下取りでの買い取り金額については平均的な市場相場から算出された金額になることが多いのであまり高値で売却をすることができるという感じではありませんが、業者からすると新しい車を売却することによる利益と下取りで買い取る利益があるので交渉次第では有利になることも多くあります。

特に期待することができるのは新しく購入する車の値引きやオプションサービスの付加などで、売却金額が少なかったとしても値引きやオプションサービスなどの恩恵を受けることによってトータルメリットが高くなることもあります。

また、買い取り金額を上げてほしい場合でも新しく車を購入するということをカードにすることによって高値での取引をすることが可能になるかもしれません。

下取りで出す場合は新しく車を購入する手続きと、車を売却する手続きを同時進行で進めていくことができるので手間がかからないというのもメリットとしてありますが、もちろん一括査定を利用して高値提示してくれるところがあるならそこで取引をするのでも構いません。

 - 車を売るコツ