車 高く売る

Just another WordPress site

*

装備品の売り方を工夫する

      2016/05/18

所有している車を売る場合に少しでも高値売却をしたい場合は装備品の売り方の工夫をすることがおすすめですが、カーナビやオーディオ、ETCなどの機器が装着されている場合にそのまま売るのはもったいないと思う人も多いと思います。

中にはこれらの装着品が査定額に反映されることによって本来よりも高く車を売ることができる場合もありますが、それでも反映される金額については数千円になることが多いので得をしたという感じはありません。

また、カスタムしている車の場合はカスタムしていることがかえって査定額にマイナスの影響を与えてしまう可能性もあるので注意が必要ですが、カスタムしているということは車に対しての愛情も大きいので思ったより高値で売れないことを知ったらショックを受けます。

しかし、カスタムをしている人だからわかることでもありますが、自分が好きでカスタムしているわけであって車のカスタムにこだわりを持っている人は他人がしたカスタムにそこまで興味がないので100万円という費用をカスタムに費やしてもそれが査定額に反映されることはないのです。

カスタムしている車についても装備品の売り方と同じことがいえますが、少しでも車を高く売るためにはあえて装備品やカスタムしているパーツを取りはずことがおすすめで、取り外した後は個別に売却を進めていくことによって高く売ることができる可能性があります。

取り外したカスタム品や装備品をどのようにして売却していくかについてはインターネットのオークションサイトがおすすめですが、これであれば自分で好きな金額を設定することができるので納得がいく取引をすることができます。

カスタムしている車やその部品というのは非常に狭い市場となっているので、大きな市場の中で取引をする場合はあまり考慮されないのですが、部品が欲しくて困っている人からすると市場価値が低くても高いお金を出してほしいものです。

それを実現するのが個人取引という方法になるわけですが、ネットオークションを利用する場合はシステム利用の手数料があまりかからないことや大手のネットオークションだとたくさんの人が利用しているので高く売ることができる可能性もより高くなります。

もちろん、パーツショップなどに買い取りをしてもらう方法もありますが、この場合は手間がかからないというメリットや必要に応じて買い取りに来てくれるなどのメリットがある一方で売る金額については個人売買よりも下がります。

 - 車を売るコツ