車 高く売る

Just another WordPress site

*

車内の環境を整えて車を高く売る

      2017/03/22

何かの用事で他人の車に乗った時に臭いがとても気になったという経験をしたことがある人は多いと思いますが、車は基本的に密閉空間になっていることやシートに臭いが吸着しやすいなどの理由から臭いが出やすい特徴があります。

日頃からしっかり臭いケアをしていても年式が古くなってくると車特有の臭いはなかなか取れなくなってしまいますが、持ち主は当り前のようにいつも乗っているので臭いに気付いてないことも少なくありません。

そのため、車に乗せてもらった場合に臭いと感じても車を運転しているオーナーはそれすらも気付いてないことが多いのですが、これは逆も然りであり誰かが自分の車に乗った時に臭いと感じていることも十分に可能性としては考えられます。

知らない間に他人を不快な思いにさせてしまっているのは不本意でありながらもショックだと思いますが、そのままで車査定を受けると査定士も臭いという印象を持って査定額が本来よりもマイナスになってしまう可能性は十分にあります。

車は査定時に洗車しておいたほうが値段は上がるの?

少しでも車を高く売るためには車内の臭いを改善することも意識する必要がありますが、特にペットを載せる機会がある場合やタバコを吸っている場合はそれらの臭いが浸透してしまっていることによってきつい臭いになっている可能性も十分に可能性としてはあります。

少しでも車を高く売るための方法として車屋に消臭加工などをお願いするというのも方法としてありますが、大きな車になってくるとかかる費用も高額になる可能性があるので金銭的な負担をできるだけ抑えたいという場合は重曹やクエン酸を使った方法があります。

重曹は粉上のものを購入して自分で水に溶かしながら比率を調整することをおすすめしますが、これをシートなどにかけて乾かすだけでかなり高い臭い取りの効果を期待することが可能です。

また、クエン酸については臭い取りだけでなく殺菌効果もあるのでクエン酸をシートにかけてふき取ることによって除菌効果も期待することができます。

車内の消臭をすることによってどれくらいの査定額アップになるのかは一概に言えないものの、そのまま売却することに比べると高く売ることができるはずです。

シートなどに汚れがたくさんある場合も査定額のマイナスポイントになるため、自分で修正することができる範囲の汚れであれば事前に取り除いておくとよいでしょう。

また、古い車になればなるほど汚れが査定に与える影響は小さくなるのが普通です。

 - 車を売るコツ