車 高く売る

Just another WordPress site

*

事故車を高く売るためには

      2016/05/14

中古車販売サイトなどを見ていると年式が新しいのに販売されている金額が極端に低くなっているものを見かけることがありますが、詳細を調べた時に事故車が理由となって安くなっていることも少なくありません。

一方で、これから車を売却しようとする場合に事故車の場合は高く売ることが難しい可能性もあるので注意が必要ですが、場合によっては年式が新しい車でも事故車というだけで買い取りをしてくれないところもあります。

基本的に事故車かどうかというのは査定を受ける前に申告しておくのが基本ですが、事故車であることを知っているにも関わらず、査定額が下がるのを避けたいという理由か自己申告しない人もいます。

しかし、プロの査定士はその車を見ただけで事故車かどうかを判断することができるのでプロの目を欺くことはできず、それによって心象を悪くしてしまうリスクのことを考えるときちんと自己申告をすることが大切です。

事故車は単に交通事故を起こしたことがある車という意味ではなく、これまでに重大な事故を起こしてしまって内部フレームなどが損傷してしまっている状態をいいますが、内部フレームが壊れてしまうことによって車のバランス機能などが低下してしまうので危険といわれています。

また、修復歴がある車として聞くこともありますが、修復歴も事故歴も意味としては同じことであり、いずれも売却をするにあたっては高く売ることが難しいので注意する必要がります。

しかし、工夫して取引をすることによって本来の金額よりも車を高く売ることは可能になっているので事故車だからといってすぐに廃車の道を選ぶのではなくまずは売ることから考えるようにしましょう。

事故車を売る場合に高く売るコツとしては事故車買い取り専門業者に依頼するという方法がおすすめですが、この業者は事故車を買い取りした後に流すルートを持っているので買い取りを実現しています。

業者についてはインターネットで調べると全国対応型の業者がいくつか出てくると思いますが、それぞれの業者を口コミサイトの利用で比較して総合的な評価が高いところを選んで売却を進めていくとよいでしょう。

ちなみに事故車を買い取り業者以外に売却する方法としては廃車業者に依頼して売却するという方法がありますが、廃車業者も部品取りをすることによって収入を得ることができるようになっているので場合によっては思っている以上に高く売れる可能性もあります。

 

 - 車を売るコツ